様々な花嫁スタイルが叶います。髪型も洋髪、かつら、新日本髪と自由に選択可能

花嫁スタイル

トップページ > 花嫁スタイル

祝言では新婦様に様々なヘアスタイルやお衣裳を提案しています

ヘアスタイル

かつら

最も格式高く、昔の結婚式らしい髪型
綿帽子にも角隠しにもできるので
昔ながらの結婚式を挙げたい方に人気です
昔のかつらと違い、今は素材も軽く快適です
ご希望の方はかつら合わせが必須となります

白無垢の花嫁

新日本髪

ご自身の髪の毛を使って髪を結います
髪が肩より15センチ以上長ければ問題ありません
普段できない髪型を祝言でしてみませんか?
新日本髪を結って、簪やお花で彩ってみては
如何でしょうか

鏡に写った自分を見つめる新日本髪の女性

洋髪

現代に一番多いスタイルです
挙式で綿帽子をご希望の方は挙式終了後
綿帽子を外しお花を付けて写真撮影を行います
ご希望の場合は綿帽子なしでの挙式も可能です
ご自身の好きな色のお花を付けて
可愛くアレンジしませんか?

洋髪の新婦

装飾

綿帽子

祝言時一番人気のある綿帽子
髪形問わず使用することができます
挙式時に白無垢と併せて使用します
挙式終了後は外して生花やつまみ細工を
付け華やかに彩り写真撮影や披露宴へと向かいます

綿帽子で微笑む新婦

角隠し

かつらや日本髪の際に使用します。綿帽子とは違い
白無垢以外の引き振袖などにも合わせて
用いることが可能です。角を隠すことで従順で
しとやかな妻となることを示します
日本人らしい花嫁を希望の方は是非

角隠しを整えている画像

生花

色合いや華やかさ、写真写りは生花が一番
披露宴時にテーブル花と合わせてコーディネイト
するのも素敵です。髪形はそのままにお花を
変えるだけでもがらっとイメージチェンジすることができます

髪の毛に生花

つまみ細工

落ち着いた大人の女性におすすめ
舞妓さんのかんざしなどで使われるつまみ細工
職人が一つ一つ手作業で仕上げた作品です
職人さんと相談し自分だけのフルオーダーも可能
販売・レンタルのどちらも可能です

URL https://www.suzumachi.com/

つまみ細工をつけた新婦

白無垢

最も格式高い正装礼で挙式時に纏います
白無垢というと全て同じようなものと誤解され
がちですが一つ一つデザインは違います
また刺繍や地織、友禅と技法も様々
純白やクリーム色、赤いラインが入ったもの
など多種多様です

白無垢で佇んでいる女性

色打掛

古来色打掛=赤でしたが現代では様々な
色の打掛が出ています 披露宴時お色直しと
してよく使用されます ほかの衣裳と比べれば
明らかに豪華な衣裳 色直しも簡単なので
新婦様達に人気の衣裳です

色仕掛けで微笑む新婦

引き振袖

一番格の高い未婚女性の第一礼装とも言われ
ます 黒の引き振袖が一番の人気
裾が長く、引きずるように着ます
写真撮影などでは女性らしく素敵な写真が残せます

階段下で引振袖の女性

大振袖

引き振袖の裾が短く、引きずらずに着ます
成人式の振袖とは違い豪華で花嫁用に作られています
他の衣裳より価格が安く手軽にお色直しを
楽しむことができます

大振袖の新婦

振袖

ご自身がお持ちの振袖でお色直しをしませんか?
お持ち込みは無料ですので金額を掛けずお色直しが叶います
未婚最後の衣裳として思い出の振袖を着て頂く事も
お薦めしています

紅色の橋の上で立つ振り袖の女性

レトロ衣裳

大正ロマンや昭和レトロが人気の昨今
ご自身の披露宴にも取り入れてみませんか?
周りの方と違ったオリジナルの披露宴が叶います

黒と紫のレトロなデザインの着物を着た女性

上記を組み合わせこのような花嫁になることが叶います
自分らしい結婚式のスタイルをお選び下さい

厳かに古典的で美しい大和撫子の花嫁になりたい方には

白無垢と新日本髪やかつらに簪を合わせて昔ながらの花嫁に綿帽子ではなく角隠しという選択肢も叶います
お色直しでは引き振袖に着替えより美しい花嫁になることができます

白無垢の新婦

角隠しの新婦

古典を少し現代風にアレンジしてかわいい花嫁になりたい方には

白無垢と洋髪にお花や装飾を合わせかわいい花嫁にお好みのヘアスタイルを美容スタッフとご相談下さい
お色直しでは色打掛に着替えて華やかに演出する方法が人気です

髪の毛にお花をのせた新婦

髪の毛に装飾した新婦

格好いい・可愛い花嫁になりたい方には

レトロ衣裳を取り入れ美しさの中にも格好いい花嫁に新郎様の衣裳は和装ではなく洋装で仕上げても素敵です
20代の若い新郎新婦様に人気の組み合わせです

かっこいい着物を着た新婦

かわいい着物を着た新婦

ページの先頭へ